梅干の作り方  昔ながらのしょっぱい梅干しの作り方をご紹介します。

用意するもの

南高梅・・2kg(黄色く熟したもの)

粗塩・・400g(梅の重さの20%程度)

焼酎(35°以上)または酢・・適量

容器(ポリ、ホーロー、かめ)※フタができるもの(ビニール袋等で代用可)

落し蓋(お皿などで代用可)

重石(漬物用のものなど、梅の重さの20%程度)
※梅酢がでると重さを調整するので複数あったほうが良い

手順1

「洗 浄」

梅を丁寧に水で洗い、へたを取ります。洗った梅はザルにとり水気を切ります。

手順2

「漬込み」

よく乾燥させた容器に梅と粗塩(全量の2/3)を隙間ができないように交互に入れていきます。
最後に残った粗塩を梅を覆い隠すように入れ、落し蓋と重石をのせ、ほこりなどがはいらないようにフタをします。
フタがない場合はラップやビニール袋で覆ってください。

手順3

「保 管」

2,3日すると梅酢があがってきます。梅酢が十分にあがってこない場合は、梅を潰さないよう注意して重石を増やします。
梅全体が梅酢に浸かったら浮き上がらない程度の軽めの重石に交換し、冷暗所で1ヵ月ほど保存します。
※カビ防止には梅が完全に梅酢につかることがポイントです。もしカビが生えた場合は焼酎または酢を吹きかけて殺菌します。

手順4

「天日干し」

晴天が続きそうな日を選んで天日干しをおこないます。
梅を潰さないようにかるく水で洗い、梅が重ならないようにザルにならべます。
日の当たる風通しの良い場所で日光がまんべんなくあたるように裏返し3日3晩天日干しします。
※梅の裏返しは朝にすると皮がやぶれずうまくできます。
干し足りないとカビが生える恐れがありますので注意してください。

手順5

「保 存」

干しあがった梅はつぶれないように丁寧に保存瓶などに入れ保存します。

ジッパー付き保存袋を使ったお手軽梅干し作り

1.ジッパー付き保存袋に梅と粗塩(梅の重さの20%程度)を入れ、空気を抜いて平らにし冷暗所に保存します。
 ※(Lサイズの保存袋に約1kgの梅を漬込むことができます)

2.毎日上下にひっくり返し、梅全体が梅酢に浸かるようにします。

3.約1ヵ月ほど保存し、天日干しをおこない梅干しに仕上げます。